思春期外来

思春期について

思春期第二次性徴と重なる思春期は、身体と心が大きく変化する期間です。自分の身体に起こる様々な変化、異性や自分の性について悩み、また人に相談することができない方がたくさんいらっしゃいます。
生理不順、生理痛、生理日の変更ピルのことだけでなく、冷え症性病につきましても、お気軽にご相談いただければと思います。
身体への専門的な知識はもちろん、思春期という時期に深い理解を持ってお応えします。一般的に思春期は10~18歳とされていますが、その前後のご年齢の方でもご相談いただけます。また、保護者様のご同伴も可能です。

こんな症状があればご相談ください

思春期には、身体と心にさまざまな変化・不調が起こります。仕方ない、と思い込まず、まずはお悩みを話しに行くだけ、という軽い気持ちでご相談ください。

  • よく腹痛に襲われる
  • 下痢気味、便秘気味
  • 無月経、月経不順
  • 生理痛がひどい
  • 性病の不安がある
  • 朝が弱くなり、午前中も気分や体調が優れない
  • 立ちくらみを起こす
  • 朝礼などの短い時間立っているだけで気分が悪くなる
  • 気を失ったことがある
  • 顔色が優れない
  • 食欲不振
  • 身体が重たい、だるい
  • 動悸がする
  • 風邪でもないのに体調が悪い
  • ダイエットで体調を崩した
  • 胸が大きくならない(第二次性徴が現れない)
  • 修学旅行、受験などを控え、月経を移動させたい

思春期によくみられる疾患

月経困難症

月経困難症とは、月経時に生じる、周期的な下腹部の痛み、腰の痛み、腹部膨満感、吐き気、イライラ、憂鬱などの総称です。
中でもお困りの方が多い下腹部や腰の痛みは、月経血を外に押し出そうと子宮が激しく収縮することによって起こります。子宮の発達が未熟な思春期の女性によく見られます。市販のお薬でも症状の緩和は可能ですが、学校や仕事に行くのが辛い、寝込んでしまうなど、生活に支障をきたす場合には当クリニックにご相談ください。

月経前症候群

PMS月経前のイライラ、憂鬱、身体の調子が悪くなるなどの症状を、「月経前症候群(PMS)」と呼びます。
生理の2週間前から始まる方もいらっしゃいます。一方、月経がはじまった途端治まるのも特徴です。
女性の約8割が一度は体験していると言われる月経前症候群。残念ながら未だ国内での認知度と理解は不十分です。周囲の人が戸惑ったり、また患者様ご自身が本当の原因に気づかずに、自身の性格が悪いのではないかとお悩みになっているケースがよく見られます。
原因として、生理によって起こるホルモンバランスの乱れなどが指摘されていますが、はっきりとは解明されていません。真面目な方に起こりやすい傾向があります。

生理不順(月経不順)

初経を無事迎えても、その後数年間はホルモン分泌が不安定な時期であり、月経の不順も起こりやすくなります。無理なダイエットや、部活動などでの激しい運動などを原因として月経不順になる方もいらっしゃいます。
月経周期が短い、3か月以上月経が来ない、出血が1週間以上続いている、あるいは修学旅行や受験などを控えているから月経を移動させたい、という方も一度ご相談ください。

無月経

初経(初潮)の時期は平均11~14歳とされています。個人差はありますが、16歳を過ぎても初経がないという方は、一度当クリニックにご相談ください。

TEL:075-602-0030当日順番予約予約のご利用方法