禁煙外来

禁煙外来とは?

内科診察室一人ではなかなか難しい「禁煙」。
当クリニックの禁煙外来では、患者様の喫煙歴を把握した上で、禁煙補助薬の処方と、治療経過の見守りを行っております。
離脱症状に襲われたとき、本当に止められるか不安になったときには、医師にご相談いただけます。続けるコツ、気持ちの持ち方などもアドバイスさせていただきます。
一定の条件を満たせば、保険診療が可能です。

保険診療が対象の方

禁煙外来の保険診療には、次のような条件があります。

  • ニコチン依存症の判定テスト(スクリーニングテスト)で5点以上
  • 「1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数」の値(プリンクマン指数)が200以上 ※35歳未満の方はこの条件を満たす必要がありません。
  • 今すぐ禁煙したいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに、文書で同意している
  • 前回の禁煙治療の初回診察日から丸1年以上経過していること(過去に保険診療による禁煙治療を受けた方限定の条件。1年未満の場合は保険外診療となります)

スクリーニングテスト

下記項目に5つ以上当てはまる方は、「ニコチン依存症」と診断され、保険診療での禁煙外来の条件の1つを満たしたことになります。

  • 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
  • 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
  • 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてたまらなくなることがありましたか?
  • 禁煙をしたり本数を減らした時に、次のような症状がありましたか?
    (イライラ・神経質・落ち着かない・集中しにくい・ゆううつ・頭痛・眠気・胃のむかつき・脈が遅い・手のふるえ・食欲または体重の増加)
  • 上記の症状を消すために、再びタバコを吸いはじめることがありましたか?
  • 重い病気にかかったときに、タバコは良くないとわかってるのに吸うことがありましたか?
  • タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
  • タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
  • 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
  • タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか?
TEL:075-602-0030当日順番予約予約のご利用方法