予防接種

予防接種について

予防接種予防接種は、細菌・ウイルスなどの病原体から作ったワクチンを予め摂取しておくことで、特定の病気にかかりにくくし、万が一その病気にかかった場合にも重症への進行を防ぐ効果があります。
当クリニックでは、インフルエンザ、高齢者向けの肺炎球菌のワクチン接種に対応しております。ワクチンの在庫数の関係上、予防接種は予約制とさせていただきます。お電話、または窓口にてご予約ください。

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで起こります。

  • 38度以上の高熱
  • 頭痛、関節痛、筋肉痛
  • 喉の痛み、鼻汁、咳(風邪に近い症状)

などの症状を伴い、重症化することもあります。
また、お子様の場合には稀に急性脳症へ移行したり、高齢の方や免疫力の低下している方は肺炎にかかることもあります。

インフルエンザワクチン接種

このように時として命にかかわる疾患を予防する有効な方法として、インフルエンザワクチン接種があります。
インフルエンザの流行に合わせて事前に接種しておくと、高い予防効果が得られます。(すべてのインフルエンザを完全に予防できるわけではありません)

接種のタイミング

インフルエンザワクチンは、接種後2週間程度で効果が表れ、4~5か月間、持続します。
例年の流行が12月~3月にかけての時期ですので、10月下旬~12月の間にインフルエンザワクチンの接種を受けられると効果的です。

肺炎球菌ワクチン

日本における死因の第3位である肺炎を引き起こす原因として、もっとも多いのが「肺炎球菌」です。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎を含む感染症を予防すると同時に、万が一感染した場合の重症化を防ぎます。(すべての肺炎を完全に予防できるわけではありません)
65歳以上の方、慢性的な持病をお持ちの方は、肺炎球菌ワクチンの接種をお勧めします。

接種のタイミング

接種の時期・季節は問われません。一度接種すると、以後5年間は効果が持続します。
ですので、ご自身の誕生日や記念日などに受けていただくと、失念防止になります。

TEL:075-602-0030当日順番予約予約のご利用方法